BMW国際興業の試乗車をご確認されたい場合は下記リンク「BMWJAPAN Kokusaikogyo HP」をクリックされましてサイト内「試乗車」をご確認願います。

国際興業外車部の女性スタッフが送る楽しいブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 BMWはエンジンにこだわりを持つメーカーです。既存のエンジンでも毎年どこかしら変更しております。
 特に近年は革新技術が毎年のように発表さてれおり、約二年おきに、形式がまったく異なるものが発表されております。
 特にわかりずらいのが、323Iと325のちがいで、排気量が一緒なのにパワーが違うものがあります。
今日はBMWの最近のエンジンの違いを出力を中心にご紹介いたします。
 
 
320i=150PS 2.0L 4気筒バルブトロニック N46
2007モデルより158PSにパワーアップ
最初に出たバルブトロニック6気筒エンジン N52
323i=170PS 2.5L 吸気マニホールドの長さを変えるステージが2段階
2007モデルより190PSにパワーアップ
325i=218PS 2.5L 吸気マニホールドの長さを変えるステージが3段階
330i=258PS 3.0L バルブトロニック N52
335i=306PS直噴ターボ N54
同じN52でもX3の3.0の場合272PS (マイナーチェンジ後)
130iの場合265PS
630iマイナーチェンジ前258PS
2007年モデルより272PS
Z4 マイナーチェンジ後 3.0L 265PS

 このように非常に複雑な構成です。また車種ごとに出力特性も違うので、エンジン屋のプライドと言ったところでしょうか。
 
 
スポンサーサイト
2007.09.05 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://partman.blog63.fc2.com/tb.php/93-ee24c7b5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。