BMW国際興業の試乗車をご確認されたい場合は下記リンク「BMWJAPAN Kokusaikogyo HP」をクリックされましてサイト内「試乗車」をご確認願います。

国際興業外車部の女性スタッフが送る楽しいブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
画像 003
 こんにちはTです。 今日はセダン型ディーゼルエンジン搭載 BMW 523d をご紹介いたします。

 ディーゼルエンジンといいますと、「遅い、黒煙、うるさい」の三拍子をご想像するかと思いますが、最新の自動車工学が、その全てを覆しました。

 ディーゼルエンジンと感じるのは、発進する時くらいで、走行中や、アイドリングはすこぶる静かです。
 
 また、追い越しや、坂を上ったりする際もガソリン車より静かなくらいで拍子抜けしました。

 エンジンの回転数があがらなくても、極低速から発生する380NMと強大なトルクが車を前へ前へと推し進めます。
そのため走行中のエンジン回転数がアイドリングより少し多いくらいとなり、騒音の低下に繋がっております。

 
画像 005

320dと同じエンジンですが、ヘッドカバーはこちらのほうが立派です。

 

 今回は街中から、短いワインディングを試乗しました。

 4気筒がもたらす軽い鼻先のおかげで、1750Kgある車体も重厚ながらもスムーズにカーブを駆け抜けていきます。
 エンジンのフィーリングは抜群で、本当のところ、ワインディングの上り坂ではもたつくのでは?・・・と半信半疑でしたが、グイグイと上っていきます(駆け上がっていく感じです) これにはびっくりしました、体感的にはガソリンより速くかんじます。

 ディーゼルエンジンなのに、右足の操作に機敏に反応し、エンジンのピックアップも良好です。ただし、お世辞にも高回転域のパワー感はガソリンには遠く及びません。

 しかし、ここまでしっかり線引きをしてますから、お客様側からしますとニーズに合わせてお選びすることができ、迷いずらくなると思います。

 よくお客様からご質問を受けますのは、ガソリンとディーゼル、どちらが速いの?というご質問です。



 故意か偶然か、0-100キロメートル加速の数値はほとんど変わりません。

エンジンのスペックも 184PS と一緒です。トルクはディーゼル 380NM に対しましてガソリンは270NMとなっております。

 ただ、大抵のシチュエーションでは、低速回転から、トルクフルなディーゼルエンジンのほうが速く走れると思います。 
 最高速度はガソリンのほうが、2キロくらい速く、ガソリンのほうが、どんな気象コンディションでも、スペックどうりの性能を発揮できます。(例 -30度などの超極寒地等)
 

 ゆったり、スムーズに走りたい方や、ゴルフの帰りにくつろぎながら運転されたい方、大人数を乗せることは多い方、大きい車だけど維持費を安くしたい方にはディーゼルエンジンがお勧めです。

 逆に、回転の上昇と共にスピードが上がるフィーリングを好まれる方や、パドルを駆使してスポーティーに走りたい方には、ガソリンがお勧めです。

 523d Bleu performanceはクリーンディーゼル車につきまして、取得税が100%減税となります。

 写真の Mスポーツパッケージ車(19インチホイールはオプション) 

  ¥6,820,000-になります。


 また、あわせまして、3シリーズのディーゼル搭載車 320d の試乗車もご用意できました。

こちらは、もはやスポーツディーゼルにふさわしい動力性能を発揮します(5シリーズより200Kgちかく軽い為)
 
 ディーゼル 320dは ガソリンより20万円アップの¥4,700,000-からとなります。

どちらの試乗車も、中央営業所の常駐しております。

この週末は是非BMWのディーゼルエンジンをご試乗ください。

社員一同お待ちいたしております。
スポンサーサイト
2012.10.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://partman.blog63.fc2.com/tb.php/668-f8650992
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。