BMW国際興業の試乗車をご確認されたい場合は下記リンク「BMWJAPAN Kokusaikogyo HP」をクリックされましてサイト内「試乗車」をご確認願います。

国際興業外車部の女性スタッフが送る楽しいブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
画像
こんにちはTです。

土曜日はNEW1シリーズの発表会です。

試乗車 116Iもご用意してお待ちいたしております。

 私のほうから NEW 1シリーズのご紹介をさせていただきます。

画像 085
 まずはエンジンルームです。

最初に、見たときにすごく違和感を感じました、それは、インテークとエキゾーストの位置が逆!!

BMWは長年 向かって右がインテーク(空気を吸入する側)左がエキゾースト(排気ガスが出るほう)
まさか昔ホンダのインスパイアとかに載ってた逆回転エンジン!!かと思いましたが、正常回転です。


目を引くのが 大きなタービン

今度の1シリーズは ターボになります。

ターボといいますと、パワーが突然盛り上がる、いわゆる「ドッカンターボ」をイメージされる方もいらっしゃるかと思います。

 しかし、BMWは最高出力よりも、フラットトルクを達成する為にターボにしております。

トルク特性がフラットですと、アクセルの踏み込みを一定で走行しやすく、結果的にエコになります。

しかし、そこはBMW、昨今のエコブームでキレのあるエンジンが少なくなってきておりますが、

BMWのエンジンは、廻すとさらにパワーがでて、とてもエキサイティングです。

このクラスでは初の 8速オートマティックと組み合わさり、とても運転が楽しいです。

カタログでは、1.6Lのターボなのに、116では 136PS 120では 170PS (どちらもブースト圧を換えてパワーの差を出してます。)
 と国産の1.6Lターボに比べますと控えめです。

しかし、乗ってみると、もっとパワーがあるように感じます。

これは、いずれのエンジンも  22.4kgm 25.5kgm と強力なフラットトルク特性である為です。

 さらに、BMWではいわゆるエントリーモデルであるにもかかわらず、

「バルブトロニック」 「ダブルVANOS」 「ダイレクトインジェクション」 「ツインパワーターボ」と

BMWが誇るエンジン技術がてんこ盛りです。これだけでも所有欲が沸いてきませんでしょうか。

ちなみに、「ツインパワーターボ」とはタービンが二ついている、「ツインターボ」ではありません。

シングルタービンで排気経路が2つある、「ツインスクロールターボ」のことをBMWでは「ツインパワーターボ」と呼びます。
 画像 086

フロントの足回りです。BMWのポリシーともいえる、「駆け抜ける歓び」を実現すべく、ハンドリングには

 細心の注意を払って設計されております。
 
 大きな部品はアルミ鋳造、ロッド類にはアルミ鍛造部品を使用し、エントリーモデルにおいても抜かりはありません。
 
 またここでは書ききれませんが、サスペンションのジオメトリー、特に、ロアアームと各ピボットの位置関係、

フロントメンバーの、大変手の込んだ造りの鋳造品を見ますと、1シリーズだろうと7シリーズだろうと、走ること

への情熱に妥協はありません。
画像 087
リア部です。
今回から、ロアアーム下部にディフューザーが装着されました。

あきれるほど走りにこだわっております。
 日本ではあまり体感できませんが、150㎞以上になると空気抵抗が大きくなりますので、アウトバーンのあるド
イツでは、揚力を抑え、高速走行時にも安定感が増し、風きり音も少なくなると思われます。
画像 088
 アンダーパネルも、このクラスでは珍しいほどフラット化されております。これも高速走行時の浮き上がりを抑えます。
 最近の国産車にも採用されてきております。
画像 089
ヘッドライトで 「イカリング」 (正式名称はコロナリング)ブームを起こしたBMWに新しいアイデンティティとなりそうな、 
  「眉毛&楕円イカリング」 かっこいいです。 うらやましぃ~

画像 092
内装はもう、完璧だと思います。クラスを超越した高級感と質感!!

特にモールの下の赤い部分の質感は最高です。これコストが高いはずです。ぜひお確かめください。

今回はナビパッケージを選ぶと 8.8インチモニター
選ばなくても 6.5インチ (写真)のモニターは付いてきます。6.5インチにはオーディオと車両情報が表示されます。
 画像 091
画像 093

ジョイスティック型セレクター 8速オートマティック スポーツモード、エコープロモードを切り替えるスイッチがついてます。

 燃費は 116I 17.6㎞/L 120 17.2㎞・L

全モデル 75%エコカー減税対象です。 

BMWは長距離を走りますともっとよくなるのが特徴です。

またここに掲載しましたのは、「116 SPORT」です。

他に、世界初のアクリルガラスを採用したトリムを装着する

「STYLE」もございます。

長々と書いてきましたが、ここでは書ききれない良さがいっぱいです。

週末はぜひショールームにてご体感くださいませ。



スポンサーサイト
2011.10.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://partman.blog63.fc2.com/tb.php/544-65be65c5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。