BMW国際興業の試乗車をご確認されたい場合は下記リンク「BMWJAPAN Kokusaikogyo HP」をクリックされましてサイト内「試乗車」をご確認願います。

国際興業外車部の女性スタッフが送る楽しいブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
PICT1322.jpg
 こんにちは Tです。
お客様からのお問い合わせが多い、BMWX1が月寒営業所に届きました。

 X3より、コンパクトなボディで、とても運転しやすそうです。

写真手前は、一押しの「ディープシーブルー」です。奥は「ブラックサファイア」です。


X1は車高が絶妙な高さですので、乗り降りもし易そうです。

1.8はFRです。

雪道では4WDも重要ですが、車高がとっても重要です。

私も経験がありますが、車が雪で動けなくなる原因のなかで、圧倒的にに多いのは、

車の下側に雪が入り、車体が浮き上がって駆動力が伝わらず、脱出不能となるケースだそうです。

雪の力はすごくて、圧縮された雪が支点となり、てこの原理で車体が持ち上がり、タイヤが空回りして動けなくなてしまいます。

 最近はロードヒーティングや、融雪剤の大量散布、暖冬の影響、スタッドレスタイヤの性能アップに伴い、4WD
の必要性が見直されてきているそうです。
(超豪雪地帯や坂が多い地域は除きます、必要ですよね)

 なにより、FRですと、燃費が良いです。
1年の内、大半が雪のない季節ですから、迷ってしまいますね。

 ちなみに私は、近年雪が少ないし暖かいので、来年はスノータイヤに挑戦してみようかと思います。


肝心の走行性能ですが、FRだとお尻を振って、運転がとっても怖いと思われている方もたくさんいらっしゃると思います。

 確かに昔のFRは恐ろしかったと思います。

往年のベテランドライバーの皆さん、よく運転されてたななぁと思います。(運転も上手いはずです)

しかし最新のFRは電子デバイスの恩恵で、コーナーも非常に安定して走行できますし、万が一スピンしそうになりましても、車が自動で姿勢を保とうとしてくれます。

X1の、特に見ていただきたいポイントをご紹介いたします。

室内は最新のBMWのデザインで、高級感抜群です。
PICT1330.jpg

トランクも大きく、形もよくできております。



PICT1331.jpg

トランクをごらんになりましたら、ぜひリアガラスの熱線も見てみてください。とても変わった形をしております。

このようにBMWのエンジニアは、新しいセグメントリーダーとなるべく、X1の開発にたくさんの熱意を注いだ感があります。

ゴールデンウイーク期間中、月寒営業所と中央営業所に展示いたしますので、ぜひ実車をご覧くださいませ。


*お車の修理を承ります、「サービス」部門は、29日 5月2日?5日までお休みをいただいておりますので、ご注意願います。


 

スポンサーサイト
2010.04.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://partman.blog63.fc2.com/tb.php/324-94c62212
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。