BMW国際興業の試乗車をご確認されたい場合は下記リンク「BMWJAPAN Kokusaikogyo HP」をクリックされましてサイト内「試乗車」をご確認願います。

国際興業外車部の女性スタッフが送る楽しいブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 
 夏休みも終盤にかかり、車でお出かけした方も、たくさんいるかと思います。
 今年は特に暑かったので愛車もこたえたと思います。
そこで、秋を前に、車の簡単な点検方法をご紹介します。
 現在の車は、車自身が、点検をしていて、人が点検をする箇所は少なくなりました。教習所で教えてくれた点検方法が当てはまらなくなってきてます。
 ただ、やはり最後は人の点検が必要なところもありますので、ご紹介します。

 まず、タイヤの空気圧です。
 最近の車には空気圧センサーなるものが付いている場合がありますが、このセンサーが付いたときには、だいぶ空気が抜けている可能性がありますので、あまり頼りになりません。1カ月に一回位は点検を心がけたいものです。
 空気が不足していると、燃費が悪くなります。また、タイヤが破裂する可能性もあります。
 空気圧が高いとグリップ力が不足しますので、適正な空気圧を保つ必要があります。
 ではその適正空気圧はどこに書いてあるかというと、BMWの場合、運転席をあけてドアとボディーが重なるところに、黒いステッカーがはってあります、普段乗せる人数にあわせて、調整してください。
それ以外はたいてい。給油口のフタの裏に貼ってあります。
 調整はガソリンスタンドで燃料を入れると、無料で見てくれるところがありますので、頼んでみてください、ただし暇そうなときに・・・

 次にバッテリーです。
 最近のバッテリー隠されているので、なかなか見るのは大変です。
また、バッテリー自体が高性能化しているので点検不要が多いです。
 が!・・・
 バッテリーが弱る理由を点検するのは大切です。
どういうことかというと、たとえばライトをつけっぱなしにして
しまったとか、車を買ってから3年たったとか(バッテリーの寿命は約5年)
 最近エンジンのかかりが悪いとか・・・
 このようなことに当てはまる時は点検しようと思うことが大切です。
多少めんどくさくても点検しておいたほうが、後の「エンジンがかからなくてレッカー」等すごくめんどくさいことを回避できます。

 車の周りを見てみて傷とかへこみとかありませんか?
普段から点検しておくと、傷をつけられた時すぐにわかり、対処することができます。
 また、傷があったらすぐに直し、車が汚れたらすぐに洗車することによって、車をキレイに保っておくと、車上荒らしやいたずらをしようとする輩が「この人は車に愛情を掛けているから、セキュリティーシステムが付いているかもしれない、監視カメラが付いているかもしれない」と思い心理的にやりずらくなるそうです。

 最後にいつも駐車してしている場所の地面を見てみてください。にじ色に輝く液体や、いつまでたっても乾かない液体、オイル等が付いてはいませんか?
 もし付いていたら、車から何かしら漏れている可能性があり、そのまま走ると重大な事態になる可能性もありますので、最寄の修理工場に電話されることをお勧めします。
 日々のちょっとした、愛車に対する思いやりで、車はすごく長持ちしますし、もし壊れていても安く直すことが出来るときもありますので、やってみてください。
 
スポンサーサイト
2006.08.16 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://partman.blog63.fc2.com/tb.php/23-c7fbe3df
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。