BMW国際興業の試乗車をご確認されたい場合は下記リンク「BMWJAPAN Kokusaikogyo HP」をクリックされましてサイト内「試乗車」をご確認願います。

国際興業外車部の女性スタッフが送る楽しいブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
PICT1107.jpg
PICT1108.jpg
PICT1109.jpg
PICT1110.jpg
PICT1113.jpg
NEW BMWZ4がデビューしました。
当社月寒営業所の展示風景です。
アルピンホワイトのSDRIVE2.3 ブラックサファイアのSDRIVE3.5の2台展示いたしております。

 新しいZ4は前モデルより、さらに高級感が増して、車格が上がりました。(値段も上がりましたけど・・・)
 写真では、伝わりづらいかもしれませんが、各部のデザインが凝っておりまして、細かい箇所にもプレスが入っており、「お金かかっているな?」と思わせます。
 あっさり系ではありません。
 
 SDRIVE3.5には、エンジンアワードを受賞した、3Lツインターボ+7速ダブルクラッチトランスミッションと最強の組み合わせで、0-100?5.1秒の俊足と10.15モード9.7?の良燃費を実現しました。
 
 SDRIVE2.3には204PS 2.5Lエンジンと6速オートマティックの組み合わせで、こちらもオートマとは思えない、ダイレクトな加速を楽しめます。

 収納スペースが大きくなりまして、スキーも入ります。いろいろと考えた形跡が分かります。

 前作でちょっと・・・だった内装は、今回は女性デザイナーも担当しておりまして、ものすごく豪華で、華やかで・・・ ここが一番がんばったんじゃないかと思われるくらい、GOODです。
 
 BMWは内装が・・・と思われてらっしゃる方が、たくさんいらっしゃるかと思いますが、7シリーズ、Z4とデビューしまして、BMWAGは今後発売するニューモデルは、第一に環境性能その次位に、内装の大幅なレベルアップを目標に開発するのだろうと、確信しました。 
 
 少なからず、アウディのすばらしい内装も影響しているのでしょう。

 昔ほど、女性に対するオープンカーの威光はなくなってきていると、聞いたことがあります。
今はSUVが全盛だそうです。

 そんな時代だからこそ、かっこよく、スタイリッシュに運転して、いつもとは違う自分を演出してみるのはいかがですか?

 スポーツカー= 狭い、乗り心地が悪い、燃費が悪い、疲れる、運転しづらい、荷物が入らない・・・

かっこは良いのだけれど、代償が多いのもスポーツカーの定めでしたが、

 NEWZ4はこれらマイナスの要素を見事にクリアしオールマイティな車として登場しました。

 もちろん、どんなに快適性や環境性能を上げても「駆け抜ける悦び」とのトレードオフはありません。

これら要素の両立がBMWの新しいテーマ「エフィシエント ダイナミクス」になります。
  
 
 ぜひショールームでご覧くださいませ。

 主要オプション

 Mスポーツパッケージ

 今回から、Mアクティブサスペンションになりました。ハードにしたり、ソフトにしたり・・・ 

 18インチタイヤとレザー内装、スポーツシートとのセットオプションになります。

 お勧めです。

 ピュアホワイトの内装

 専用ボディカラー「ハバナ」も選べます。特殊カラーです。

 ハイラインパッケージ

 電動シート、シートヒーター、レザー内装のセットです。



スポンサーサイト
2009.04.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://partman.blog63.fc2.com/tb.php/181-b241b023
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。