BMW国際興業の試乗車をご確認されたい場合は下記リンク「BMWJAPAN Kokusaikogyo HP」をクリックされましてサイト内「試乗車」をご確認願います。

国際興業外車部の女性スタッフが送る楽しいブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
PICT0931.jpg
PICT0932.jpg
PICT0933.jpg
PICT0934.jpg
PICT0936.jpg
PICT0938.jpg

 BMWが作った新しいカテゴリー SAC 「スポーツアクティビティークーペ」の名にふさわしく、とても優雅な形になっております。
 これは目立ちますよ?

 SUVに乗りたいけど、ごついのは嫌い!! スポーツ走行もしたい!! 人とは違った車に乗りたい!! 等いろいろなニーズを満たしてくれそうです。

 X5と異なる点は、エンジンと駆動システムに「DPS」 ダイナミック・パフォーマンス・コントロールが搭載されていることです。
 これは、コーナリング中の後輪の駆動力をきめ細かく制御して、軽快なコーナリングを実現するシステムです。
 ランエボのAYCに似たシステムですね。
 これに「Xdrive」を組み合わせ、最強の機動性を実現した、恐るべきマシンです。

*ラインナップ 「Xdrive 3.0i」 3.0Lツインターボ Xdrive DPC標準装備
「Xdrive 5.0i」 4.4L新開発ツインターボ Xdrive DPC 標準装備

特に「Xdrive 5.0i」は排気量4.4Lエンジンにダイレクトインジェクション、高圧縮比エンジン。ロープレッシャーツインターボと今考えられる最先端技術を導入し、高出力車の割りに、低燃費を実現しました。
 尚、今回このエンジンは新開発ですが、さすがはBMW、通常V8バンクの外側が排気ポートですが、なんと内側を排気ポートにし、V8バンクの真ん中の谷間にターボチャージャーを2基収めているという、恐らく世界初のレイアウトを採用しております。
 BMWAGの開発陣によりますと、このレイアウトの採用で、ターボチャージャーのレスポンスがよくなり、よりNAエンジンに近いフィーリングになるそうです。
 レスポンスがよくなればアクセルを踏む回数や深度が浅くなりますので、燃費がよくなると言うことだそうです。
 ちなみにXdrive 5.0iはニュルブルクリンクを8分35秒前後で走れるそうです。
恐るべき!!X6!!
  このタイムはボクスター2.7と一緒位ですから相当速いです。
 世界にあるほとんどの車は9分30秒以上かかります。
ほんの一握りの車だけ8分台です。
それらは、全てスポーツカーかセダンです。唯一カイエンターボというモンスターマシンがこのタイムと同等かこれ以上でしょう。(あの車の加速はもはやSUVではありません、何せSUVなのに270?でるのですら・・・)
 
 このエンジンのレイアウト図を見たとき、本当にビックリしました。今月号のBMWマガジンに載っておりますので是非ご確認下さい。

 気になる後部座席のスペースはといいますと、身長180CMの私が腰掛けますと、髪の毛が天井に接触します。

 毎回後部座席に人を乗せる方は、じっくりと後部座席のスペースをご確認下さい。

ちなみに4人乗車です。(いや?贅沢だなぁ?)

大体3シリーズと同じくらいです。

リアトランクゲートは電動で開きます。

トランクスペースはさすがに十分あります。トランクフロアの下にもスペースがあります。鍵もかかるので、秘密の隠し場所にぴったりです。

 今週末デビューイベントを各営業所で行っておりますので、週末はぜひショールームのほうへお越しくださいませ。
 
 明日千歳の「桂ゴルフクラブ」で開催される「BMWゴルフカップ」にて一足早く公開されます。

なお、順次試乗車もご用意させていただく予定でございますので、でき次第ご報告いたします。


スポンサーサイト
2008.07.02 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://partman.blog63.fc2.com/tb.php/142-660fa8fd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。