BMW国際興業の試乗車をご確認されたい場合は下記リンク「BMWJAPAN Kokusaikogyo HP」をクリックされましてサイト内「試乗車」をご確認願います。

国際興業外車部の女性スタッフが送る楽しいブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 やっと初夏の陽気になりつつある北海道、これからの季節、行楽にあちこちお出かけするかと思います。
 今日は、私が試乗したBMWのランキングを、まったく勝手ながら発表したいと思います。
 もしよろしければ、ご参考までにお願いいたします。

 第5位は「BMW M5」非常にパワフルなエンジンは507PS以上あるくらいの体感を受けます。
わざわざあるP400モードとP500モード(M5はボタン一つで馬力を2通常モードからパワーモードに変えれます)は伊達ではなく、よくありがちな、回転数を抑えてパワーを変えるのではなく、エンジン制御マップが変わるので、P500モードですと全回転域以上にパワフルです。
 
 第4位は「BMW M3」 新開発のV8エンジンは、廻さなくてもパワーが出て、街中でも非常に乗り易く、回転フィールも重厚なモーターのようです。トルクたっぷりでありながら、高回転のパンチは前作S54エンジン以上で、非常にエキサイティングなドライビングが味わえます。「M」のエンブレムはさすがです。また、オプションのMドライブモード付き車両は新たに、パワーステアリングのアシスト量までユーザーの好みで変えれるので、車体とより一体化したハンドリングが得られます。前作よりもドライビングポジションが良くなりました。
 M3の場合、慣らし運転の有無で個体差が大きいらしいので、ご試乗されて、「どうも回転がいまいちとお感じになられたお客様が、慣らしが終ったあと乗られて印象がガラッと変わったお話も伺っております。

 第3位は「BMW 335i」 世界エンジンアワード二年連続グランプリを獲得したN54ツインターボ・パラレルダイレクトインジェクションエンジンは全域でトルクフルで、どこから踏んでも即座に反応します。

 ものすっごい大きなディーゼルエンジンのようなトルクで、市街地走行はパワーをもてあましてしまう感があります。高速道路やカントリーロードをたくさん走るお客様には大変お勧めの1台で、アクセルに足を置くだけで進む感さえあります。それほどトルクフルです。もちろん廻せば怒涛のパワーが炸裂し、一瞬でいけない速度に達しそうですので、踏みすぎには要注意です。この車も306PS以上の馬力を感じます。私は400PSオーバー位あるように感じます。燃費も良いです。

 第2位は「BMW120LCI」 1シリーズの中核モデルでBMWではエントリーモデルですが、(お値段は国産車の高級車が買えるお値段ですが・・・)それほど、完成された走行性能を持ち合わせております。特に、以外ですが高速道路走行は「直進性岩の如し」という言葉がぴったりなほど安定しており、(ノーマルサス、16インチ 205/55R16)7シリーズに匹敵する安定性です。
 またエンジンは156PSですが、数値以上に感じ、峠の上り坂もスイスイと登っていき、ストレスを感じさせません。また、このクラスには珍しい6速ATミッションを搭載しており、途切れのない変速がスムーズな加速を生み出します。また昨今の輸入車では軽量な1390?の車重は、冬道の安定したブレーキングにも反映されて、女性にも不安なく運転することができます。

 第1位は「BMW 323iLCI」 いろいろ乗りましたが、何回乗っても323iの走行性能には感心させられます。すごくあいまいな表現で申し訳ないのですが、「バランスが最高にイイ!」かんじです。
 エンジンパワーは190PS 6速ATミッション ノーマルサスの絶妙なストロークとショックの減衰力特性、ノーマルファブリックシートのフィット感、最適なドライビングポジション、本当に自然なステアリング操作感、どれをとっても私には非常にストレス無く感じ、車を運転するするのが「運転する動作」に感じません。とにかく車が軽く感じ、大きさも感じません。Dセグメントのベンチマークと言ってもいいのではないでしょうか。唯一・・・日本人は「323」の語呂合わせが嫌いな傾向にあるようですので、エンブレムを外してしまうのも手かもしれないですね。

 番外編・・・ 320のマニュアルはフロイダムファーレン「駆け抜ける歓び」を体感できる車です。
マニュアルこそBMWの真髄を味わえます。本当に楽しいです。
 
番外編2・・・ 530XI アクティブステアリングが付いてない唯一の5シリーズ530XIは自然なハンドリングを堪能できます。本当にイイんですよ。タイヤのたわみ具合まで分かりそうなステアリングレスポンスです。
 
 以上、本当に私の勝手な意見、考えでランキングしましたが、私はスポーツ走行が好きですので、ラグジュアリー志向のランキングではないことをお断りいたしておきます。
 BMWはどれもすばらしいですので、お時間がございましたら、是非ご試乗してみてください。
*135iには乗ったことがありません。楽しみな車ですね。
スポンサーサイト
2008.06.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://partman.blog63.fc2.com/tb.php/132-52609d7f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。