BMW国際興業の試乗車をご確認されたい場合は下記リンク「BMWJAPAN Kokusaikogyo HP」をクリックされましてサイト内「試乗車」をご確認願います。

国際興業外車部の女性スタッフが送る楽しいブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今日は今年の春から取り扱いを始めました、TOYOタイヤのご紹介です。
HI350137.jpg


 このタイヤ、「プロクセスT1R」といいます。
一躍有名になったのが、映画「ワイルドスピード」で使われて、すっかりメジャーになりました。
 TOYOタイヤは日本よりも海外で人気が高く、アメリカ最大のカスタムショー、セマショーにくるお客さんのアンケートでは常にトップ3に入るそうです。
 またヨーロッパでも人気が高く、イギリスのスポーツカーメーカー「TVR」は純正採用しております。
 ヨーロッパの名だたるトップチューナーも採用を始めており、このバナーにもブレイトンのデモカーが載っております。
 実際のタイヤの性能といいますと、これもばっちりで、実際当社の社員が履いたのに乗ったことがありますが、まずスポーツタイヤの割りに音が静かで、ここら辺が日本人やアメリカ人の心を捉えると思います。
HI350138.jpg



パターンもかっこよくて、特にサイドウォールは丸みが少なくて幅の広いリムにはとってもかっこよくなりそうです。
 そして特に驚いたのが重さで、軽いほど乗り心地が良くなるのですが、とても軽くてびっくりです。
最後に価格も値段や性能の割りにとってもリーズナブルでコストパフォーマンスがすごく高いです。
 これは、使ってる材料や性能が劣っているから安いのではなく、
日本におけるイメージがまだまだ皆様に高級タイヤと認知されていないためで、現に海外ではブリジストンと方を並べるほど高価です。
 皆様もこの機会にぜひお試しくださいませ。
TOYOタイヤ技術提携チューナー
ドイツ BMWチューナー「ブレイトン」 
デンマーク メルセデスチューナー 「クリーマン」
スイス ポルシェ、アウディ、フォルクスワーゲンチューナー 
「スポーテック」
http://toyotires.jp/sp/px/evaluation/index.html
TOYOタイヤのホームページ内、TOYOタイヤの世界での評価が載ってます、ぜひご覧ください。
スポンサーサイト
2007.02.27 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。