BMW国際興業の試乗車をご確認されたい場合は下記リンク「BMWJAPAN Kokusaikogyo HP」をクリックされましてサイト内「試乗車」をご確認願います。

国際興業外車部の女性スタッフが送る楽しいブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
HI350070.jpg

写真は335Iのオイルクーラーです。右のフロントフェンダー内に
設置されております。まるでポルシェのようですね。
 インタークーラーがフロントの下側に設置されるので、ここになったそうです。
 HI350068.jpg

 写真はフロントブレーキです。
とてつもなく巨大で、550Iのブレーキとそっくりなキャリパーです。
ディスク径は348?もあり、このクラス、世界最高ではないでしょうか?
 先日お客様より、新車のお車をドライブさせていただく機会を与えてくださいました。大変感謝しております。
 まず感じたのは、非常にトルクフルで、アクセルをほとんど踏まなくても車がどんどん前に進んで行きます。まるで、大型観光バスのエンジンをあのコンパクトなボディに積んだような感覚でした。
 ごく低速回転からパワーが出て、「速い」と感じますが、エンジンの回転数を3000回転近くに上げようものなら、たちまち鋭い加速に見舞われ、とても市街地でその性能を堪能できるものではありませんでした。
 回転の上昇とともにパワーが生み出される、BMWの特性はこのエンジンにも感じることができて、高速道路で真の性能が発揮されるかと思います。
 新しく搭載されたATは本当にスリップを感じず、前に乗ったことのある、DSG並の伝達力です。一速発進時からロックアップするのは伊達ではないですね。またシフトチェンジのスピードがすばらしく、マニュアルのような発進の音がします。
 それと、乗り心地が大変良くなりびっくりしました、E90の330と比べると、ショックアブソーバーのフリクションが少ないというか・・・サスペンションが非常によく動くような感じです。
 おそらく、この10月生産以降の、ほかの3シリーズも乗り心地は改善されているのではないかと思います。
 内装の細かい品質も目に見えてわかる位、良くなりました、特にウッドは同じ種類かと疑うくらいの出来栄えでした。
 最後に右ハンドルと左ハンドルの違いですが、ドライビングポジションはATの場合プロレーサーでないと違和感を感じない位の出来栄えで、右ハンドル車も本気で設計されていると感じます。
 エンジンルーム内はステアリングシャフトがタービンの横を通るので
(さらにアクティブステアリングのモーターもある)熱対策が心配でしたが、ものすごく丁寧に遮熱版が張り巡らされていて、だいぶエクストラコストがかかっているはずです。
 330Iでは、左ハンドルにはエキゾーストマニホールドが俗に言う(タコ足)という等長タイプであるのに対し、右は量産車タイプでしたから、車好きは非常に迷うところでした。(ほとんどの一般のお客様には関係のないことですが・・・)
335に関しては、特に右、左の優位性は感じられないです。
今度春に試乗するのが楽しみです。
 


スポンサーサイト
2006.12.29 / Top↑
久しぶりの更新です。
当社に335セダンが着ましたので、ご紹介いたします。
 概観は330Iと大きな違いはないです。ただ、マフラーの出口が、左右だしになり、かなりの迫力になったことです。
 クーペと同じくターボエンジンが搭載され、同じくNEW6速ATも搭載されました。
 このAT、なんと発進直後から、ロックアップ(直結)されるという
画期的なもので、ほとんどスリップを感じないとのことです。
 写真はN54ターボで、インタークーラーまでのエアパイプの取り回しやオイルラインなどNAよりさすがに込み入っております。
 今度工場に入るので、変わった位置に付いたオイルクーラーの写真をお届けします。
 HI350067.jpg

2006.12.26 / Top↑
この間335クーペの紹介をしましたが、この度セダンとツーリングも追加になりました。
近日中に実車が来るので、またご紹介します。
 BMWにターボが追加されて思ったことがあります。
あくまで、個人的な見解ですが、アルピナは唯一、3シリーズだけ、
発売しておりません。
 これは、世にターボが出るまで、発売を見送ってきたのではないかと思います。(BMWとの打ち合わせがあったと思います。)
 要は時期アルピナ3シリーズにはターボが採用されるかと思います。
 このことを、アルピナは早い段階にBMWより聞かされていたのではないかと思います。
 3Lのツインターボで306PSは十分なパワーですが、ブーストが大体0.6barくらいですから、ブースとアップで軽く400PSは可能だと思います。
 すごく可能性があり、チューニングしがいのあるエンジンだと思います。
アルピナはきっとこのエンジン 「N54」を採用してくるでしょう。
 かってな予想ですが。
2006.12.21 / Top↑
 ぜんぜんBMWとは関係のない話ですが、この間オープンしたばっかりの、ジャスコ発寒店さんに、セルフレジなるものがありました。
 自分で、店員さんが使っているようなレジにバーコードをかざすと
値段が表示され、自動販売機のような感覚で、お金を払います。
 有人のレジがあいているにもかかわらず、親子ずれの方などに人気でした。
 あれなら、子供さんが「ジャスコに行きたい」といいますね。
よく、考えたな?と関心しました。
 また、店員さんの気持ちがわかって、大変さも感じました。
特に、プリンとかケーキとかを買った時は、スプーンを店員さんは付けてくれますが、自分だと、レジを打つのにいっぱいで、スプーンとか袋どころではなかったので、立場が変わると、何気ないことも新鮮だな?と感じました。 
 お客様の立場にたって考えることの重要さを、改めて感じました。
2006.12.19 / Top↑
P1010101.jpg

 写真の車、ポルシェGT3が北海道に初上陸しました。
その時の様子をご紹介します。
 この車だけに専用のキャリアカーを手配し、到着しました。
希少価値が高いので、すごく慎重に搬入しておりました。
P1010099.jpg

 写真の車には、PCCBと言いまして、カーボンセラミックのブレーキが
付いております、ホイールは19インチですから、ディスクの大きさがいかに大きいか、お分かりいただけるかと思います。
 こんなに大きいのに、すごく軽いです。
 残念ながら、私はこの場にいなかったので、見ることができませんでしたが、春になると、出陣するので、非常に楽しみです。
2006.12.13 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。